交通事故専門弁護士が担う役割について

交通事故弁護士が必要となる状況

交通事故の解決シーンにおいて、交通事故専門弁護士に頼らなくてはならない場合の多くは、賠償金、示談金が正当なものかどうかの判断をする場面が一般的です。
通常加害者側の保険会社は、正当と判断されるな損害賠償の金額よりも低い額を提示することが一般的とされます。
交通事故は何度も遭遇するものではありませんので、一般の方が知識や経験を豊富に有しているとは考えにくいものです。
よって正当な金額かの判断が出来ないことは当たり前のことと言ってもよいのです。

交通事故を専門とする弁護士は非常に頼りになります

弁護士に判断させることによって、保険会社の提示額が裁判所が示す基準に則っているのかどうかを判断し、則っていないようであれば基準通りに支払額を提示するように交渉が出来ます。
また、加害者と被害者が直接交渉を行う場合でも、人間同士ですので感情的にならないとも言い切れず、正しい話し合いが出来ない場合も考えられます。
そう言った交渉全般を任すことが出来るのが、交通事故専門弁護士であると言えます。

弁護士は依頼人の利益のために働く

交通事故紛争処理センターにも専門の弁護士がいますが、この弁護士はあくまでも、間に入って和解の仲介役になる立場の人です。
加害者もしくは被害者のどちらかの立場に立つ訳ではないのです。
紛争処理センターへ事案を持ち込んだ場合、証拠書類の収集から相手との交渉までは自分で行います。
このタイミングで交通事故専門弁護士に依頼すると、収集や交渉を一貫して担当してくれることになります。
万が一、示談成立後に後遺症が発生した場合、通常は賠償を請求できませんが、過去に賠償が認められた例があります。
これはあくまでも例外と考えるべきですが、過去の判例を元に交渉が出来るのは、やはり弁護士の役割でもあります。